たまにはシェルターになって欲しい

まだまだ、管理職の割合は低いとはいえ、一昔前に比べて女性の社会進出は進みました。30年前には、女性のセールスパーソンは、生命保険の外務員か化粧品の訪問販売くらいしかいませんでしたが、今は多くの会社に営業に携わる女性がいます。業種によっては女性の方が活躍している、適している、などと言われているものもあります。 妻にも活躍の場がどんどん広がり、夫婦それぞれが正社員として活躍しているカップルも増えました。子育てをしながらも仕事を続ける人も多くなっています。妻が自己実現のために目標を持って働くことは意義のあることでしょう。 ただ、仕事ができるからといって、「強い女」であるとは限りません。

妻が夫と対等になると、夫は妻をケアしなくなる

よく働いて収入も高い。会社の中でも一定の地位にあり昇進もする。周囲からも一目置かれ、「仕事のできる女性」と尊敬もされている。家庭の中の会話も知的な話題が多く、妻はいつもはつらつとかっこよく生きている。 子育てもしっかりして、PTAの役員なども引き受ける。ママ友との関係もうまく作り上げ、情報交換もちゃんとできる。夫にしてみれば、仕事のパートナーにしても良いほどの人。「ビジネスパーソン」として夫から認められるような妻が増えています。 妻がよくできると、夫は妻の面倒をみなくなります。「仕事は順調でいうことなし」と思い込み、良い話しか耳に入らなくなってきます。本当は妻が仕事で疲れきっていても、「自分だって疲れてるんだから」と、当たり前のこととしか見えなくなります。そこに妻は不満を抱きます。

「俺に任せろ」と言って欲しい

妻にも仕事でヘコむことがあります。肉体的にだけでなく精神的に疲れきってしまうことや、「もう仕事なんてしたくない」「辞めたい」と思うことも。「辞めたら、生活できない」「夫をがっかりさせる」と我慢しつつ、頑張っていることもあります。 頑張ってきた自分を評価してくれる夫に対し、弱音を吐けなくなっている女性は意外と多いものです。多くの人にとって、家庭は社会からの避難所であるはずです。社会で活躍する女性の中には、家庭に避難できずに逃げ場をなくしている人がいます。妻に家庭での安らぎを与えるのは夫の仕事ではないでしょうか。 多くの働く女性が、「少し仕事を減らしてもいいんだぞ。俺が養うから心配するな」と言って欲しがっています。例え、実現しなくても、言葉だけで安心感をえられるものです。

「強い女」に思えても、たまには疲れた心の労をねぎらう言葉が必要です。