妻や生活に対する不満を言えない夫

妻に対して言いたくても言えないことを秘めている男性は多いようです。その内容も理由もさまざまですが、人によってはこれが大きなストレスとなってしまうこともあります。長年にわたって寄り添った夫婦であっても、妻に対して言えないことを持った男性はいます。

関係が悪くなることを恐れる

本当は言いたいことがあっても、それを言うことによって夫婦関係がうまく行かなくなってしまうことを恐れているケースがあります。この場合の言えないこととは、妻に対してや現在の生活に対しての不満などでしょう。これを言ってしまうと妻の機嫌を損ねてしまうのではないか、と恐れてしまい、言えなくなってしまいます。妻をあまりに愛しすぎている愛妻家と、妻を恐れている恐妻家に多いケースです。
以下に面白いランキングを見つけたので紹介致します。
言いたいけど言えない! 妻になおして欲しいことランキング - 恋愛&結婚ランキング - goo ランキング

言わないことが円満の秘訣

言えないことがストレスとなってしまう男性もいる中で、円満な夫婦関係を保つためにあえて言わないという場合もあります。前述のように、不満などをストレートに言ってしまうと妻の機嫌を損ねてしまうこともあるでしょう。そしてケンカになってしまうかもしれません。それを恐れるがあまりに妻との会話を避け、食事の席でも新聞やテレビばかりに目をやってしまう・・・そんな関係の夫婦は意外に多いのではないでしょうか。妻を愛しているから嫌われたくない、だから自分を出さない・・・それが夫婦間の没交渉につながり、結果的にあれほど愛していた妻に対する関心がどんどん小さくなっていく。その先にあるのは恐妻家への変貌かもしれません。

家庭の不和によるストレスと言いたいことを言えないストレスを秤にかけた結果、「言わない」という選択肢を選ぶ男性も少なくありません。夫が言いたいことを言えないことによって、家庭が円満になることもあるということです。

このように、必ずしも言いたいことを言えないことが悪いことであるわけではありません。その内容によってはあえて言わないという選択肢を選ぶことによって円満な家庭を築いている男性もいます。ただし、あまり溜め込みすぎると大きなストレスになってしまいますので、さりげなく本音を伝える手段や機会を作るようにしておきましょう。