夫と別れたいと思ったのはこんな瞬間

出会った頃はこんな日が、という歌の歌詞があるように、結婚当初はまさか離婚したいと思うようになるなんて想像もしていなかったはずです。ところがいざ蓋を開けてみたら、こんなはずじゃなかったということばかり。妻はなぜ夫と別れたいと思ってしまったのか、その本音を覗いてみました。妻の本音を知ることで、険悪だった夫婦仲が改善されるかもしれませんよ。

ほとんどの妻が夫と別れたいと思ったことがある?

結婚よりも離婚のほうがエネルギーを使うとよく言われていますが、離婚後の生活を考えれば確かに思いとどまることのほうが多いようです。そのため、妻は夫に対して何度も別れたいと思ったことがあると答えています。ただ、それは些細なことがきっかけになっていることが多いため、修復できるかな、修復しなくちゃいけないかな、と別れることを思いとどまらせているようです。

妻が夫に離婚を切り出したくなる原因

こんな人だとは思わなかった、という性格の不一致ですね。これは妻だけでなく夫側も同じ事を思っているかもしれません。結婚まではいいところしか見えてなかったけれど、一緒に生活するようになって少しずつ油断して本性が見えてきた、というパターンがほとんどです。それから金銭感覚の違いも別れたくなる原因みたいですね。

将来のことを考えれば無駄遣いはできるだけ避けたいのに、お金があるだけ浪費するという夫に対して離婚したくなるという妻は少なくありません。それから夫の浮気。男性の場合は火遊びの場合が多いため、バレても「もう二度としないから」「本当に大切なのは妻だけだから」と乗り切ろうとします。それがたった一度の浮気でも許せないと訴える妻は離婚を考えたことがあると言います。

離婚したいけれど簡単に離婚できない妻の本音

お子さんがいる家庭は、やっぱり子供の事を考えると簡単に離婚できないと言います。お父さんとお母さんのもとで育ってほしい、両親が揃っていたほうが子供も精神的に落ち着くだろうと考えるわけですね。

それ以外に、仕事をしていると離婚したことで世間体が気になるという妻もいますし、身内から離婚を思いとどまるように説得されたという話もあります。働く女性が多くなったとはいえ、やはり女性ひとりで子供を育てていくのは不安が大きすぎますから、夫と協力し合って子供を育てていくために離婚を我慢しているという妻の声が多いようです。

夫のこんな態度に「離婚したい」と思うらしい

妻をまるで自分の母親や家政婦のように扱ったとき、妻にしてみれば人権まで無視されたような感覚に陥るといいます。これなら私が妻じゃなくてもいいでしょ、と離婚したくなるみたいですね。それから家のことにまったく協力的ではない夫、これも一緒に暮らしている意味が無いと感じるようです。共稼ぎをしていればどちらも仕事で忙しいし、どちらも疲れているのは一緒ですからね。

何気ない日常の中の些細なことが、少しずつ大きくなって妻の逆鱗に触れるわけです。いつまでも変わらず愛し続けることは難しいことではありません。若い頃のようにキャピキャピはできないまでも、お互いに相手を慈しむ気持ちを持ち続ければ、愛情がなくなるようなことはないでしょう。